2012年07月29日

第2回ロートル・ポザウネン・アンサンブルの集い

今日は、待ちに待ったロートル・ポザウネン・アンサンブルの第2回目の集まりでした。前回は5人でしたが、今回は新たに若い2人が増えて7人でアンサンブルを楽しみました。

ロートル・ポザウネン・アンサンブルとは、50代オヤジを中心としたドイツ管仲間でドイツトロンボーンだけでアンサンブルを楽しみ、練習後に飲み会をしてマニアな話題に花を咲かせる集いのアンサンブルです。

今回のメンバーは、個人紹介の了解を得ていないのでニックネームで
Karapos 氏
Maho ちゃん
W氏
Pipi ちゃん
Comcom 氏
H氏 と私です。(ちゃんは女の子)
今年は紅二点でした。

今回もやはりテクが一番無かったのは私でしたが、最後までお付き合いして頂いたメンバーのみんなにこの場にて感謝いたします。ありがとう!

そして、自分のテクの無さに反省です。さらなる練習をしなくては、と思いましたね〜

画像が無いのが残念ですが、今回持ち寄せた楽器は
テナー&テナーバス
Kruspe Weschke
Kruspe Virtuosa
New Kruspe
F.A.Heckel 1930年代前半と後半の2本
バス
Lätzsch Cieslik
Hans Kromat
B.C.Meyer

いろいろなマイスターの楽器を吹くことは様々なことで自分にプラスになりますね。

そして、やっぱりドイツ管のキャラを解り合える仲間、と言うより同じプロセス・趣味・趣向で音楽へアプローチする仲間とのアンサンブルは楽しいです。

打ち上げも楽しくお酒が飲めました。

次回もあることを願うだけです。
 
posted by KAZUO at 22:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
karaposです。昨日は楽しませて頂きました。今回のアンサンブルは次々に初見で通すだけでしたが皆さんの音楽の方向性が同じだということが確認できたので、次回はマジメに取り組んでみたいと思いました。みなさんオケ吹きなのでオケスタ大会も面白そうです。ぜひまた機会見つけて集まりましょう!
Posted by karapos at 2012年07月30日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック