2009年04月29日

シュターツカペレ・ドレスデン東京公演4/29

今日はシュターツカペレ・ドレスデンの東京公演初日、仕事が休みということもあり、聞きに行きました。

時間があるので大江戸線に乗って六本木で下車、散歩がてら六本木通りの坂を下って、アークヒルズへ行きました。その後、泉ガーデンパレス・城山ヒルズ付近を探索し、再びアークヒルズへ戻り昼食をとり、サントリーホールの開場待ち。

R.シュトラウス:イタリアより、ドン・ファン、ドン・キホーテ


チケットの高さには毎回閉口してしまいますが、今日の演奏はエンターテイメントとしては素晴らしいものでした。

でも、私にとっては期待はずれでした。

はっきり言ってサウンドの変化に驚嘆!!ってのが私の素直な感想です。

色々な方のレビューをネットで呼んでいて「響きが柔和・・・」「これが伝統の響き・・・」など、今回のツアーは前回来日時よりお褒めの言葉が多いですが、過去のカペレのコンサートで私の脳裏に刻まれた「ザクセンの響き」「ドレスデン・サウンド」は今回聞くことができなかった感じです。カペレも時代とともにやはりそのサウンドが変化・変容していくんですね。

特に、今回弦の響きまでもが変わりつつあるのが感じ取れ、私はビックリしました。トロンボーン・セクションなどは、バンブーラ、オルプキー、フリッツェン、ツォイマー、エスバッハ、ホンプシュが受け継いできたサウンドはどこへやらと言う感じです。テューバのサウンドもとても変化していました。

弦・木管・金管ともシノーポリが棒を振っている以前の時代からすると、多くのパートでメンバーの世代交代が進んでいますね。

ドイツ管のみならず、ドレスデン・サウンドでも今更ながら懐古趣味である自分に気がつかされました。

でも最後に一言、以前のシュターツカペレ・ドレスデンは今回よりも重厚・柔和で豊かな響きを持っていたオーケストラでした。


本日のプログラム
オール・リヒャルト・シュトラウス
1.交響詩「ドン・ファン」
2.交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
3.交響詩「英雄の生涯」(原典版)

トロンボーン・セクション
ドン・ファン:
ウヴェ・フォークト、ユルゲン・ウンブライト、ラルス・ツォーベル

ティル:
ニコラス・ナウドット、ユルゲン・ウンブライト、フランク・ファン・ヌーイ

英雄:
ニコラス・ナウドット、ユルゲン・ウンブライト、ラルス・ツォーベル、ウヴェ・フォークト(テナー・テューバ)


5/1公演では「アルペン」があるので、仕事がもしも早く終わったら後半プロだけでも聞きに行くつもりです。
タグ:音楽
posted by KAZUO at 18:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118293548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

語話§シュターツカペレ・ドレスデン[川崎]
Excerpt: ドレスデン国立歌劇場管弦楽団(シュターツカペレ・ドレスデン)日本 公演の初日を聴くために、寒い雨の降りしきる中を川崎まで。                   【ミューザ川崎 2009.4.25】..
Weblog: ひだまりのお話
Tracked: 2009-04-29 23:51